忍者ブログ
Kuulkaas ääntäni.    -    Minun virallinen blogi.
開設日 2004/11/25
2017/09/27 (Wed)
「[PR]」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/03/25 (Sun)
「Kävin Suomessa.」
ちゅーことで、奇跡的にフィンランドから帰ってこれました。

いやあ、トラベルにトラブルは付き物って言いますが、
正直不安すぎて帰ってこれないんじゃないかと思ってたけど、
なんとか帰ってこれて一安心と言う感じです。

で、旅行記を書きたいんですが、
1日ずつ書いていくとえらい時間がかかる(そして私が飽きる)
ので、ダイジェスト的な感じでざーっと行程を書いて、
後はトピックごとに記事を立てて書いて行くことにします。

てか、旅行記書いてるサイトって大抵こんな感じよね。

拍手


今回の旅程はこうでした。


3月13日(火)
・東成田駅へ行き、成田空港まで歩く
・成田空港からヘルシンキ・ヴァンター空港まで飛ぶ
・乗り継ぎでロヴァニエミ空港へ行く
・ロヴァニエミに宿泊

3月14日(水)
・ロヴァニエミ観光
・鉄道でオウルへ移動
・オウル観光し、オウルから夜行列車に乗る
・夜行列車内で宿泊

3月15日(木)
・夜行列車からタンペレで急行に乗り換え、トゥルクへ
・トゥルク観光
・列車でヘルシンキへ
・ヘルシンキに宿泊

3月16日(金)
・ヘルシンキ散歩
・ヘルシンキに宿泊

3月17日(土)
・ヘルシンキ西港よりフェリーでエストニア・タリンへ
・タリン観光
・シバケンさんと別れる(彼は今もリトアニアに滞在中)
・フェリーでヘルシンキ・カタヤノッカ港へ
・ヘルシンキ宿泊

3月18日(日)
・Twitterで知り合ったフィンランドの方とヘルシンキで買い物
・ヘルシンキ宿泊

3月19日(月)
・VR(フィンランド版JR)の乗り放題券が余ったので、ヴァーサへ移動
・滞在時間20分ほどでタンペレへ移動
・タンペレでTwitterで知り合ったフィンランド人の方と会う
・ラハティ経由でヘルシンキへ戻る
・ヘルシンキ宿泊

3月20日(火)
・18日に会ったフィンランド人の通う高校へ遊びに行く
・もう高校卒業したのに何故かまた高校の授業を受ける
・3日間市内交通乗り放題券を買ったので、ヘルシンキ地下鉄などに乗る
・ヘルシンキ宿泊

3月21日(水)
・リーヒマキへ行き、Twitterで知り合ったニュージーランドの方と会う
・ヘルシンキ宿泊

3月22日(木)
・ホテルをチェックアウトしたらスーツケースが重すぎて観光出来ず
・しょうがないので空港へ
・かなり時間に余裕を持ちながら飛行機に乗り込む
・飛行機内で宿泊

3月23日(金)
・成田空港着
・ぼったくりのスカイライナーに乗る
・日暮里から京浜東北線で帰ろうとしたら日中で快速運転中
・山手線で上野まで行く
・京浜東北線に乗り換えて横浜まで帰る
・なんとか帰ってこれました。



…後半色んな人に会い過ぎだろ!!!

観光する時間なかったけど、楽しかったし貴重な体験も出来たのでいいです。

今回行けなかった場所は次回のお楽しみってことで!(行く気満々)

ただ本当に行けるのかは正直非常に怪しいところ。



全体を見て、フィンランドってこんな国でした。


・国民が異様に優しい
私が慣れない土地であたふたする中、色んな人が助けてくれました。
横断歩道で車がいなくなるのを待ってると、自然と車が止まってくれるし。
人が異様に優しくて、日本人って何なんだろうなって思いました。

・物価は高い
ユーロ安のお陰でまだマシですが、全体的に日本よりは高いです。
消費税が高いせいもあるけど、日本よりも安いものってのはほぼなかった。
特に寿司は日本の5倍くらいしました。←

・ペットボトル飲料=全て「水」か「炭酸飲料」
「カルピス」的なのとか、「ポカリスエット」的な飲み物はなく、
ペットボトル紅茶とか、ペットボトルコーヒーとか、一切ない。
ペットボトルに入っている飲料はいっぱいありますが、
それらは全て「ミネラルウォーター」か「炭酸飲料」です。
これは多分日本のペットボトル飲料が発達しすぎてるだけです。
ジュースは紙パックで売ってるし。

・「改札機」がない
鉄道・軌道は全て車内改札です。改札機はありません。
Suicaの簡易改札機的なのは置いてありますが、無視しても通れます。
しかし、基本的に地下鉄・トラムは改札が来ません。
近郊列車も来ないことが何度か。
タダ乗り出来るんじゃね? って感じですが、
稀に抜き打ちで切符を見に来ることがあって、そこで無賃乗車がバレると80ユーロ取られるらしいです。

・「フィンランド料理」って何。
結局現地に行っても「フィンランド料理」って何だかよく分からず。
スウェーデンの影響をかなり受けてるので、スウェーデン料理と一緒?
喫茶店に行ってコーヒーとサンドイッチを食べる。そんなイメージ。
ソーセージも好き。ニシンとかサーモンも好き。ライ麦パンも好き。
なんで分からないかっていうと、「フィンランド料理屋」がないんですね。
食文化が発達した国ではありません。

・何故かみんな英語が出来る
どんな教育受けたらそんなに英語喋れるようになるの。
教育は受けてみたんですが、英語の授業はなかったのでよく分からず。
どの店の店員さんも、フィンランド語での会話に限界があると見るやいなやすぐに英語に切り替えて話してくれました。
私は英語がよく分かりませんけどね!
(フィンランド語よりは分かる、程度か)

・街並みが美しい
多分日本が汚いだけです。すみません。
日本は地震大国だからか19世紀の古い建物は残ってないし、
建物も個人個人が好き勝手な建物建てるから街並みが汚いです。

・中国人がいない
世界中何処の国に行っても、中国人はいっぱいいるものだと思ってましたが、フィンランドで中国人をほぼ見ませんでした。
一度だけ、帰りの空港で中国語で電話する人を見ただけ。
アジア人がいたと思ったら、みんな日本語を話していました。
中国には北欧ブームはまだ来てないみたいです。
ていうか日本人が多すぎ。

・寒くない
これはもう春だから寒くないのは当然なんですが、
-4℃とか表示されてても寒く感じませんでした。
横浜は2℃でも超寒いです。どういうカラクリ?
昨日8℃くらいの横浜を歩いてえらく寒く感じたので、とても不思議。


あと、日本のトイレは本当に優秀。

ウォシュレットどころか、便座が暖かいだけで海外的には凄い。
トイレットペーパーもフィンランドのトイレはみんな固いやつでした。

あと、日本のエスカレーターも優秀。

手すりの部分が急に停止したり、
手すり掴んでたらだんだん手のほうが先に行っちゃったりしないもんね。

エレベーターはどっこいどっこい。

日本のエレベーターはドアに物が挟まるともう一度開きますが、
フィンランドのエレベーターはセンサー式なので、
そもそも物があるとドアが閉まらない。
でも「開」「閉」のボタンがないです。これがないと結構いらいらする。


他にもいろいろあるけど、取り敢えずこれだけ。

また後々、フィンランドについて更新していきます。
PR
コメント
お名前:
E-Mail:
URL:
題名:
コメント:
文字色:
パスワード:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
(untitled)
フィンランドは広い国土に対して人口が少ないから建物も少ないのかなと思ったよ。
美の感覚は人によって違うのであれなんだけど、正直ヘルシンキは微妙だったような。

リガは結果的に社会主義とアールヌーボーの折衷様式だから、計画的な緑化、道路の広さという利便性と、19世紀の建物が大半を占める新市街の素晴らしさに感動した。
ペテルブルクはもっとすごかったんだけど。
社会主義設計マンセーな人間としてはフィンランドの新しい感じがちょっと苦手だったのかも。

あとアジアとヨーロッパの美が別になるのも当然だと思う。
ヘルシンキと東京は比べてはならない存在なのですよきっと。人口的にも。
シバケン URL 2012/04/02 09:13 [編集]
(untitled)
街並みは、ペテルブルク>リガ>ヘルシンキ>東京>タリン>ヴィリニュスという感じでありました!
バルトの旧市街は観光資源だから綺麗で当たり前だし、それなら観光資源かつ大都市である京都という街が日本にもあります。
あと我が某大学には19世紀の建物があります!(違

首都圏全体は確かに雑然としたアジアだけど、江戸時代からの旧来の東京って綺麗くない?
皇居周辺とか自転車で通ると結構実感するんだけど。
ベッドタウンは北欧以外どこも汚いような。
まあ横浜西口があれだというのは認めます!
シバケン URL 2012/03/28 14:28 [編集]
Re:(untitled)
京都とかタリンも観光資源は綺麗だけどそれ以外は…って感じだね。
フィンランドはちょっと綺麗すぎた。
フィンランドは景観を守れとか言う法律があるのかな?

旧来の東京は綺麗だけど一部にしか残ってないのが残念。
横浜は新しい街だし関東大震災で一度リセットされてるから綺麗な古い建物は数えるほどしかないね。
マツモムシ Mail 2012/03/31 12:25
(untitled)
>>横浜は2℃でも超寒いです。どういうカラクリ?

あるある。北海道の寒い所行ったのになぜか関東の方が寒く感じる不思議。
しらんがな 2012/03/25 18:43 [編集]
Re:(untitled)
あの現象はなんじゃろな。
あんなに極端に体感温度が変わると思ってなかった。

…でも昔行った北海道の-8℃は地獄のように寒かったよ!
マツモムシ Mail 2012/03/31 12:04
カレンダー
← 2017年09月 →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
管理者
マツモムシ
名前 マツモムシ
性別
誕生日 1994年1月25日
職業 さらりぃまん
住所 神奈川県横浜市
E-Mail matsumomushi@gmail.com
最近のコメント
が付いているコメントは
管理人から返信済みです。
06/28 Bribe generics cheap pills no direction
    by Horaceenum
05/08 Base cialis-generic no prescription
    by Garlivis
04/02 (untitled)
    by シバケン
03/28 (untitled)
    by シバケン
03/25 (untitled)
    by しらんがな
ブログ内検索
経県値
QRコード
Copyright © 2004-2011 Matsumomushi All rights reserved. [PR]
/ [PR] 忍者ブログ